新撰組・土方歳三

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新撰組・土方歳三
    農家の出であった彼は武士に憧れ、死ぬまで武士であり続けることを望んだ。鬼の副長と仲間にも恐れられた彼は時代の流れに逆らうように生き続け、その過激でロマンチストな生きざまから今日も人々を魅了し続けている。現在も残る写真から彼の美貌と歴史の重さを知ることができる。豪農の四男として生まれた歳三は、土方家に伝わる[石田散薬]の行商をしながら天然理心流の剣術に没頭した。ここで盟友近藤勇達と出会い、のちに将軍の警護を目的とした浪士組の募集に応じ、上洛するのである。
    清河八郎が将軍の警護をする浪士組の結成を呼びかけるとこれに近藤らと呼応(こおう)。しかし清河八郎が京都で当初の目的と違うこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。