フィギュアスケートとメディア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数984
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ●研究目的●
    私は、なぜ近年、フィギュアスケート人気が過熱しているかについて研究し述べていきたいと思う。
    ●研究方法●
    文献研究 (雑誌、新聞)
    ●結果●
    近年再びフィギュアスケートブームが訪れた。ではいったいこの様に注目される理由は何であろうか?
    第一に、日本人選手が世界レベルに達し、金メダルを互角に争えるようになったからであろう。
    第二に、スター性のある日本人選手が多く出てきた事であろう。
    第三に、メディアの影響力の大きさであろう。
    まず1つ目の日本人選手が世界レベルに達した事で、国内で誰がオリンピック出場権を手にするか最後まで分からない状況や、優勝確実と言い切れる選手がいないほど、各々の選手の技術が上達し、1つのミスが許されない緊迫した試合が、全日本でも見られるからだと思う。
    そして次に、日本国内で注目されている選手を紹介したいと思う。女子シングルは、女子世界初の四回転ジャンプを公式戦で成功させた安藤美姫選手、歴代1位の199.52点で優勝をきめた浅田真央選手、世界で一番美しいドーナツスピーンをする選手として評価されている、中野友加里選手、ベテランで独創的な表現力がある村主章枝選手、そして今はプロとなったが、トリノオリンピックの金メダリスト、荒川静香さんです。続いて男子シングルは、グランプリファイナルで銀メダルを採った高橋大輔選手、グランプリファイナルで銅メダルを採った織田信成選手。
    これらからも分かるように、ここ数年でフィギュア人気が急上昇している理由として日本人選手が世界で活躍しているからというのは一目瞭然であろう。また、それぞれの選手が違った持ち味を活かして戦っており、見ていて飽きる試合はない。メディアを通しても、彼らのスター性を誰もが感じ取っているはずだ。
     では、メディアの影響力とはどうであろうか?
    メディアなしには、フィギュアスケートがここまで盛り上がることは難しかったと思う。しかしメディアを評価すべき点と、検討すべき点があるはずだ。
    まずは評価すべき点をみていこう。フィギュアスケートが近くに感じられるのは、メディアのお陰である。ニュースで選手を特集したり、試合をテレビ中継したり、イベント情報や試合情報を簡単に取得できるなど、メリットはたくさんある。
    しかし検討すべき点としては、過剰な取材により精神不安定な状態で試合に出場せねばならない選手がいたり、試合の解説でヒートアップしすぎたアナウンサーのせいで音楽が聞こえてこないテレビ中継が度々あった、また取材の嵐で練習不足となっている選手がいること、など数え出すときりがない。
    このようにメディアによりフィギュアスケートがメジャーになったことは評価すべき点だが、一方選手のコンディションを考慮して取材していかなければならない現状もある。
    ●考察●
    私がフィギュアスケートに興味を持ち始めたのは、10年程前である。幼い頃から、バレエを習っていたため、ジャンルは異なるが曲に合わせて踊るという共通点からフィギュアスケートに大変関心があった。
    当時1番の印象に残る選手が、男子シングル、長野オリンピック銅メダリストのフィリップ・キャンデローロ選手(フランス代表)であった。日本では1992年にNHK杯で優勝を飾って以来、ファンが雪崩のようにリンクサイドに押し寄せる人気振りであった。そして彼の演技の1番見せ所である、フェンシングを取り入れたストレートラインステップを一目見ようと、普段フィギュアスケートをあまり見ない人も多く訪れていた。
    この頃は注目される日本人選手が少なかったため、外国人の演技に視線が集中

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●研究目的●
    私は、なぜ近年、フィギュアスケート人気が過熱しているかについて研究し述べていきたいと思う。
    ●研究方法●
    文献研究 (雑誌、新聞)
    ●結果●
    近年再びフィギュアスケートブームが訪れた。ではいったいこの様に注目される理由は何であろうか?
    第一に、日本人選手が世界レベルに達し、金メダルを互角に争えるようになったからであろう。
    第二に、スター性のある日本人選手が多く出てきた事であろう。
    第三に、メディアの影響力の大きさであろう。
    まず1つ目の日本人選手が世界レベルに達した事で、国内で誰がオリンピック出場権を手にするか最後まで分からない状況や、優勝確実と言い切れる選手がいないほど、各々の選手の技術が上達し、1つのミスが許されない緊迫した試合が、全日本でも見られるからだと思う。
    そして次に、日本国内で注目されている選手を紹介したいと思う。女子シングルは、女子世界初の四回転ジャンプを公式戦で成功させた安藤美姫選手、歴代1位の199.52点で優勝をきめた浅田真央選手、世界で一番美しいドーナツスピーンをする選手として評価されている、中野友加里選手、ベテランで独創的な表現力がある村主章枝選..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。