理科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数406
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生物は環境の変化の中で常にその環境に適応しながら生きている。その時ある種は増加しまたある種は減少する事について述べよ。」
     生物が生存するには、様々な環境要因が関わってくる。環境要因として、温度・光・水・土壌・大気があげられる。
     第一に、温度と生物の関係をみる。温度は、生物の発芽、発生、同化、呼吸、排出、その他の様々なはたらきを左右する。したがって、生物には生存する最適温度があり、また最低温度もある。最適温度では、生物の生存に幅を持たすこともできるだろうし、繁殖もしやすくなると考えられる。しかし、致死温度になると、生物は死に到るのである。このように、温度によって、生物は増加したり、減少したりするのである。ただし、種によって、最適温度や致死温度が異なることを忘れてはならない。
     第二に、光と生物の関係をみる。光はエネルギー吸収の面でとても重要な役割を果たす。特に、生物では光合成をするため重要となる。陰生植物では、温度と空気中の炭酸ガス及びその他の条件が一定のとき、弱い光を次第に増やした場合、光合成量は上昇する。このとき、陰生植物はより生育する。しかし、さらに光が強くなると光合成量は低..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。