家庭科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数246
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「表現としての被服の役割について述べなさい。」
     表現としての被服の役割には、個性の表現・美的効果・流行・社会性の役割があると考えられる。
     被服には、表現として、人体を美しいものに見せる装飾の効果がある。また、着る人の個性を表現し、育った社会環境、や風土を反映することもある。
    第一に個性の表現を考える。服装を選ぶ際、私たち個人の好みで服を選ぶことがほとんどである。その際、体格や体系のような外観的・身体的特徴を考えながら服装を考えているはずである。また、強調や緩和などの選択がある。したがって、自分の個性をよりよく表現するためには、自分の身体的、精神的特徴をよく知り、長所は強調し、短所は緩和するのである。また、何を長所と考え、何を短所と考えるかも、個性なのである。したがって、被服は長所を強調したり、短所を緩和したりする役割があると考えられる。
    第二に美的効果を考える。被服について、どのようなデザインで、どのような形を選ぶのかは自由であり、個性表現といえる。しかし、造形における、線・形・色・文様などの美的効果のルールを知っておくことは被服の役割として重要である。
    例えば、形や線は、被服のシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。