道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数458
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の道徳教育の課題について述べよ。」
     道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うものとされており、人間尊重の精神と生命に対する畏敬の念を培い、豊かな心をはぐくみ、人間としての生き方の自覚をうながすなど、児童生徒に道徳性を養うことをねらいとした教育活動である。
    しかしながら現代における道徳教育には課題が多く存在する。
    現在の道徳教育はどのような教育目標を掲げ実践しているのか、そしてその課題を考察したい。
     平成10年度学習指導要領の基本方針では、道徳教育の問題点について次のように書かれている。
    「道徳教育については、道徳の時間が十分確保されていないこと、道徳の時間に興味・関心を持っている児童の割合は学年に上がるに従って低下している」と明記されている。
    以上の問題を授業実践の中でどのように行うかについては、「豊かな人間性や社会性、国際社会に生きる日本人としての自覚を育成することを指針に掲げ、具体的には道徳教育や特別活動等におけるボランティア活動や自然体験活動などの体験的な活動の充実、道徳教育における低学年の善悪の判断や社会生活上のルールなど重点的な指導の工夫、障害のある幼児・児童・生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。