生活科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数346
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。その際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。
    キーワード:「学び」「体験」「かかわり」「遊び」』
     子どもが意欲的に生き生きと活動しているのは、外部からの刺激を自分にとって価値があると実感として感じ取り、それに積極的に立ち向かっているというときである。例えば、興味や関心をもつ、何かに気づく、切実な目当てができる、うまくいきそうな見通しが立つ、などするから、子どもは意欲的に生き生きと活動する。これには、子どもたちが生き生きと活動する中で生まれる様々な気づきなどを教師がよく捉え、それを取り上げ、意味付けたり価値付けたりなどして、子どもが自覚するような支援をする。生活科のカリキュラムについての基本的な考え方である。
     「今の教育は教えすぎだ」と言われている。では、どのような教育が適切であろうか。それは、子ども自身が真剣に頭をひねって問題を解決すること、自ら納得して分かるという「よく分かった体験」をたくさんすること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。