教育方法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数478
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して、主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」(第一設題)
    上記の設題に比較する対象の明確な違いをつけるため、平成十四年の新教育課程を参考とし、従来の授業設計と評価と主体的な学習を基本とする授業設計と評価の違いについて述べていくことにしよう。
    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価の特徴を述べていこう。教科を規定し、その内容を学年に応じて系統化している。これを教育課程といい、「学習指導要領」に即して、授業設計が組み立てられる。学習指導要領に準拠した教科書によって系統性の高い授業は徹底されている。たとえば、四年生で習う漢字はそれまでの学年ではでてこないように教科書が編集されているのである。ここまで徹底した系統性の高い教育課程のメリットは、その効率性である。知識を教えるという点において系統性、効率性は大いに期待される性能である。評価においては知識がついたかを図るための手段としてテストが行われる。学習の段階において、その理解度、知識の有無を計るために..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。