教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数524
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」(第1設題)
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」と考えられる。よく高学歴社会と混同されることが多いが高学歴社会は高学歴者が多い社会と示すものであり、学歴社会とは、その意味はまったく違うのである。学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではない、ということである。現在、先進国、発展途上国に関わらず、教育の充実は各国家、社会の最重要課題の一つにあげられている。教育を社会が「学歴社会」であるなら、「学歴社会」でない社会などこの世には存在しないことになってしまう。ただ単に、教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会の中の教育にあるのである。
     学歴社会の発端は明治時代にある。それまでの身分社会では身分制度に縛られた形での教育・職業が決定されるシステムがあり、新しい時代の大改革の時期には適さなかった。新政府が必要としたのは、各分野における優れた人材であり、その質的・量的に安定した供給を保障してくれるような教育である。それが学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。