英語コミュニケーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数506
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)テキスト第一章”The American”から第六章”The Chinese”までを読んでそれぞれの内容に関する自分の意見を日本語で書きなさい。
    アメリカ人の項目だが彼らは個人主義をものすごく主張していると思うが、食べ物や服装などはアメリカのどこへ行ってもすべて同じに見える。私も筆者の考えと同じですべてのところにアメリカを感じたいのでしょう。アメリカ人はそれを誇りに思っているのかもしれませんが、私は迷惑だと思う。ひとりひとりは気さくで溶け込み易い、いい人だがなぜ集まるとエゴを出し、覇権を握りたくなるのか理解ができない。
     イギリスは料理がまずいとはよく昔から知っていた。また彼らはそれをなんとも思わないということも。イギリス人は紳士だといわれるのは同調しながら心の中では違うことを考えているということから来ているのであろう。彼らの謙遜が表面上は何気なく心に変化がないように振舞っているだけである。日本人も本音と建前があるということで非常に共感が持てる。しかし、人のことを劣っていると優越感を持ちつづけるということはきもちが悪い。国民性なので、仕方ないのかもしれません。イギリス人が世界のリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。