獣医腫瘍学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数463
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート農学獣医学がん腫瘍

    代表キーワード

    農学獣医腫瘍学

    資料紹介

    (1)興味を持った理由
       今回、獣医学概論における講義において最も興味を持ったのは町田先生が行われた獣医腫瘍学でした。元々、研究業に興味があったので臨床については何の知識もない状態でとを第一に考える医療というものが本当に存在するのだということにも驚きました。人間の医学においても腫瘍というのは治療の難易度も認知度も高く、獣医界においてもそれは不変の事実ではあるが、あえてそれを専門に選ぶということが自分自身にとってどのような意味を成すのかを少しでも理解できるきっかけとなればと思い、今回のレポートを書かせて頂くことになりました。
    (2)調べた内容
    ・腫瘍について
       ①がんの定義
    殖は制御できず、必要な新しい細胞とは無関係に発生する②がん細胞では細胞分化の過程が障害されている、というものである。新生物はその増殖と性状の特徴によって、良性と悪性に分類されるが、がんは局所的に浸潤性で破壊的な増殖様式をとり、体のほかの部分に転移する能力を特徴とした悪性の新生物と言える。良性腫瘍は浸潤ではなく膨張によって増殖する傾向があり、転移することはない。悪性腫瘍の遠隔臓器への拡散とそこでの増殖能力は最も深刻で生命を脅かす特徴である。腫瘍はリンパ管を介して局所や所属リンパ節に転移したり、あるいは血行を介して転移し、その結果あらゆる臓器で二次的な腫瘍が発育し得る。これら二系統の転移経路は広範囲にわたって連絡しており、多くの腫瘍はこの経路を介して体内に広がる。小動物において血行性の二次的腫瘍の最もよくみられる転移臓器は肺であるが、その他には、肝臓、脾臓、腎臓、皮膚、骨などの組織も見逃さないようにすべきである。癌腫と肥満細胞腫は通常リンパ行性ニズムについては現在も十分には解明されておらず、今後発展していくことが期待される。
       ②がんの原因
       細胞の腫瘍精変換の過程は十分に解明されていないが、細胞の基本的変化は、細胞の増殖と分裂を正常に制御する遺伝学的機構の崩壊に関係している。つまり、がんは細胞DNAにおける変化の結果として発生する。がんの遺伝学的根拠を支持する証拠はいくつかの研究から明らかにされている。明確な家族発生性がんのあるタイプの存在は、少なくともあるタイプのがんが遺伝性で、遺伝学的な根拠を持っていることを示している。現在、発が子が哺乳類の細胞の正常構成成分として認識されている。これらの遺伝子は作用機序によって「原がん遺伝子」あるいは「がん抑制遺伝子」と呼ばれている。染色体の転座のいくつかのタイプは原がん遺伝子を必要とし、タンパク合成中に起こる変化の結果として細胞の腫瘍性変換が起こる。放射能、紫外線、化学性発がん物質などのような外部要因もまた、これら細胞性遺伝子との相互作用を通じて腫瘍性変換を起こすように作動する。
       ③がんの種類
     [1]皮膚と皮下組織の腫瘍
       皮膚の腫瘍を発生させる外因性と内因性については多くのものが知られており、それらには太陽、電離化放射線、ウイルス、化学物質、の四分の一以上を占めている。治療法には外科手術、放射線治療、化学療法、免疫療法などがある。
     [2]乳腺腫瘍
      雌犬では最も多い腫瘍で、猫では三番目に多く発生がみられる腫瘍である。これに対して他の家畜においては稀な病気である。般的である。
    [3]白血病・肉腫群
     血液リンパ系の腫瘍は複合疾患である。腫瘍細胞のタイプは原始細胞、非リンパ性単核細胞、混合型単核細胞、リンパ球、骨髄由来などに分類される。ルスに関連があるが、C型は鶏、マウス、猫、牛および他の動物の白血病・肉腫群

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)興味を持った理由
       今回、獣医学概論における講義において最も興味を持ったのは町田先生が行われた獣医腫瘍学でした。元々、研究業に興味があったので臨床については何の知識もない状態でとを第一に考える医療というものが本当に存在するのだということにも驚きました。人間の医学においても腫瘍というのは治療の難易度も認知度も高く、獣医界においてもそれは不変の事実ではあるが、あえてそれを専門に選ぶということが自分自身にとってどのような意味を成すのかを少しでも理解できるきっかけとなればと思い、今回のレポートを書かせて頂くことになりました。
    (2)調べた内容
    ・腫瘍について
       ①がんの定義
    殖は制御できず、必要な新しい細胞とは無関係に発生する②がん細胞では細胞分化の過程が障害されている、というものである。新生物はその増殖と性状の特徴によって、良性と悪性に分類されるが、がんは局所的に浸潤性で破壊的な増殖様式をとり、体のほかの部分に転移する能力を特徴とした悪性の新生物と言える。良性腫瘍は浸潤ではなく膨張によって増殖する傾向があり、転移することはない。悪性腫瘍の遠隔臓器への拡散とそこでの増殖能力は最も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。