生活指導・進路指導論の課題(ハッピー用)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数596
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学生における生徒指導・キャリア教育というものは他の授業やゼミにおいて学んだことがあったが今回,テキストを読み新しい発見や考えさせられることがたくさんあったように思う。
    最初に思ったことは,中学生という年齢を考えて指導しなくてはならないということだ。中学生という年齢は精神的にも身体的にも大きく変化・成長する時期であり,そのことを意識せずにマニュアル通りの指導をしてはならない。本来,生徒指導には積極的に生徒のよい部分の発達をめざすところに大きな目標があるが,実際の現場では外面的な指導に終始してしまっていることが多い。また,学級担任・生徒指導部の教師・地域・家庭が連携(協力)できておらず,それぞれがそれぞれの考えで指導してしまっているというである。
    このような事態を改善していくためには,教師が生徒の立場に立って考えること,教師や家庭・地域と連携(協力)して指導していかなければならない。生徒の立場に立って考えるということは,生徒の内面を理解し,成長を支援することができる。生徒指導の場合はテクニックよりも生徒との距離やコミュニケーションに左右されるものであるのでこのようなことは必要であるといえ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。