日英教育比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数156
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリスの教育システムについて
    ☆イギリスの教育システム
     イギリスという言い方で示している対象は厳密に言えばイングランドであって、連合国を構成しているスコットランド、ウェールズでは、イングランドと若干の違いが見られるとなると説明は複雑にならざるを得ない。ただし、人口においても他を圧倒する数を抱えているのがイングランドであり、教育体系でも支配的な地位にあるのがイングランドであるため、このレポートでは、イギリスはイングランドを指すものとする。
    まず、イギリスの教育体系の大体の流れを図(小林、2005:25項)で説明したいと思う。
    年齢 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
                      義  務  教  育
    公立 幼児教育      小学校課程         中学校課程
    私立 幼児教育   プレパラトリースクール パラトリースクール インディペンデントスクール(~17)
    年齢 16 17 18 19 20 21 22
    公立  シックスフォーム  大学、カレッジ  大学院
    私立        大学、カレッジ  
    この図を見た..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。