指導案(略案) 英語 「仮定法」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,950
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

            指導案(略案)
    自分が授業したいものを決めて、自分で授業の展開を考えたものである。
    単元名 「仮定法」
    学年  高校3年
    本時目標  ・仮定法とは、どのような時に使う表現なのかを理解する。
    その構文だけでなく、仮定法の「法」の意味を教え、その
    本質を学んでもらう。
    本時の展開
           学習内容と活動     指導上の留意点 
    導 

    仮定法がどのような時に使われる表現なのか
    現実に起こりうる仮定とそうでない仮定があることを説明
    発問1「日本語には、このような表現の違いはあ        
        ると思いますか?」
    この発問を通して、日本語と英語の表現方法に違いがあ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            指導案(略案)
    自分が授業したいものを決めて、自分で授業の展開を考えたものである。
    単元名 「仮定法」
    学年  高校3年
    本時目標  ・仮定法とは、どのような時に使う表現なのかを理解する。
    その構文だけでなく、仮定法の「法」の意味を教え、その
    本質を学んでもらう。
    本時の展開
           学習内容と活動     指導上の留意点 
    導 

    仮定法がどのような時に使われる表現なのか
    現実に起こりうる仮定とそうでない仮定があることを説明
    発問1「日本語には、このような表現の違いはあ        
        ると思いますか?」
    この発問を通して、日本語と英語の表現方法に違いがあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。