欧米の道徳教育思想について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,146
ダウンロード数78
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    欧米の道徳教育思想について述べよ。
    ●古代欧米の道徳教育  
    西洋の道徳教育思想の起源は、紀元前5世紀に求めることができる。「徳の教師」と自称する「知識人(ソフィスト)」達が、青年たちにすぐれた市民になるための徳を授けようとした。
    プロタゴラスの主張した道徳教育は三段階で行われ、第一は家庭でのしつけ、第二は教師の元での学習を通じての教育、第三は社会の中で国家に強制される、というものであった。これに対して、ソクラテスは子供ではなく青年を対象とし、永遠不滅の徳の理論を求めることを目標に問答法を用いて道徳教育を進めようとした。
    ソクラテスの弟子プラトンは、子供の道徳的成長を発達段階的にとらえ、子供が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。