教育原論テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,343
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    ●教授学・・・「教育は実に万人に対して必要なものである」。つまりすべての子供が学校に通う事が必要性を説いている。貧富の別、男女の別、身分の別なく全ての子供に学校教育が与えられなければならない。さらに細かく述べれば、教育は幼児期に開始されなければならず、また教育の順序は、子どもの年齢段階と能力に適したものでなければならない。生徒は学年別、学級別で、毎日の学習内容に従って、学習は段階づけられ、最初にくるものが後から来るものへの道を開くように配列する。生徒は規則正しく登校しなければならない。教材では、先ず生徒に身近なものから学ばせる、それから遠くへ。既存のものから未知のものへ(易しいものから難しいものへ)そしてそれが十分に理解されてから記憶されなければならない。子供が自発的に学習するように、子供の内面に働きかけていく。子どもの感覚を通じて教えなければならない。全ての知識は感覚的直感から始まり・記憶力・理解力・判断力の順。全ては直感から始まり、そして五感を育成していくのである。
    ●一斉授業・・・またコメニウスは効率的に授業を行う為に、教師1人が共通の教材を使い、多数の生徒に対して一斉に集団的に教授する事を主張する。そして、教師が高い教壇の上に立ち、全生徒をみわたす、教師は全生徒の注意を一点に集め、生徒の感覚に訴えて教授するのである。また教師はしばしば生徒に対して質問を発し、彼らの理解を絶えず確認しなければならない。教材は学年、月、週、日、時間、へと分割し、計画化された学習内容を生徒が学ぶように促さねばならない。そして、全ての学生が平等に教材を学ぶことが可能になる。
    ●意義・・・ではコメニウスの教授学や一斉教授の現代的意義はどういうところにあるのだろうか。やはりそれは近代教育の父といわれるように、現代の学校での教育、すなわち学校教育のしくみを構想した事である。今日、日本をはじめ多くの国でみられる同一年齢・同時入学・同一学年・同一内容・同時卒業といったしくみは、コメニウスの構想に発するものだと言える。 また彼は世界初と言われる教育絵本『世界図絵』を完成させた。この本は、絵に言葉が添えられたまさに教育絵本である。言語の暗唱こそ教育と考えられていた当時にあって、この本はまさに革新的な存在であった。つまり、教育に「絵」など不要であり、おそらくは不謹慎とすら考えられた。そういう時代の書であり、またこれを人類共通の財産とすることにより、すべての人が共通の普遍的知識を持つことを目指したのである。それは、視聴覚教育の源流でもあり、共通教科書の原点だとも言えるかもしれない。このように、コメニウスの教育理念の核心は、「すべての人にすべてのことを」わかりやすく教育することである。その現代的意義は学校教育の近代化と、教育の平等、一般化、大衆化の実現ではないだろうか。今や、テレビやラジオ、インターネットが普及している時代であり。一斉授業の光景は時代錯誤という見方があるのも事実である。しかし私は、生徒同士の教えあいや、助け合い、コミュニケーション能力の育成にも、一斉授業の意義があるのではないかと思う。人間関係の薄さや、学力格差が問題になっている今こそ、コメニウスの教育思想が意味のあるものとなるように私は思う。
    ソクラテス的対話(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について考察せよ。
    ソクラテスは自分より知恵のある者を探し出そうと何日も何日も歩きまわり、何度も何度も問答を繰り返した。この時代の知

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    ●教授学・・・「教育は実に万人に対して必要なものである」。つまりすべての子供が学校に通う事が必要性を説いている。貧富の別、男女の別、身分の別なく全ての子供に学校教育が与えられなければならない。さらに細かく述べれば、教育は幼児期に開始されなければならず、また教育の順序は、子どもの年齢段階と能力に適したものでなければならない。生徒は学年別、学級別で、毎日の学習内容に従って、学習は段階づけられ、最初にくるものが後から来るものへの道を開くように配列する。生徒は規則正しく登校しなければならない。教材では、先ず生徒に身近なものから学ばせる、それから遠くへ。既存のものから未知のものへ(易しいものから難しいものへ)そしてそれが十分に理解されてから記憶されなければならない。子供が自発的に学習するように、子供の内面に働きかけていく。子どもの感覚を通じて教えなければならない。全ての知識は感覚的直感から始まり・記憶力・理解力・判断力の順。全ては直感から始まり、そして五感を育成していくのである。
    ●一斉授業・・・またコメニウスは効..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。