携帯電話を利用した現代的コミュニケーションについての一考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,679
ダウンロード数15
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年の携帯電話の普及率はインターネットのそれとともに目覚ましく伸びており(図1参照)、今や日本国民必携のツールの一つと言えるであろう。だが、その普及率上昇の一方で、携帯電話(以下ケータイ)を介して交わされるコミュニケーションを問題視する声もある。そこで当レポートでは、ケータイによるコミュニケーションのメリットとデメリットを示し、対面方式のコミュニケーションとはどのように異なるかを考察した上で、そこからケータイ・コミュニケーションのポジティブな在り方を探っていきたい。
    (参考) 総務省 2007 「平成18年度通信利用動向調査」より
    まず、ケータイでのコミュニケーションのメリットを述べる。上記図2から分かるように最近では、これまで情報ツールとは無縁の年代であった子どもや高齢者までもがケータイを持ち始めている。それだけケータイの利便性が高く評価されている証だろう。利用に際しての知識・スキルや複雑な接続作業、ある程度の広さ確保が必要なパソコンと比べて、手軽で操作が簡単で場所をとらないケータイは手を出しやすいものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「携帯電話を利用した現代的コミュニケーションについての一考察」
    近年の携帯電話の普及率はインターネットのそれとともに目覚ましく伸びており(図1参照)、今や日本国民必携のツールの一つと言えるであろう。しかし、その普及率上昇の一方で、携帯電話(以下ケータイ)を介して交わされるコミュニケーションを問題視する声もある。そこで当レポートでは、ケータイによるコミュニケーションのメリットとデメリットを示し、対面方式のコミュニケーションとはどのように異なるかを考察した上で、そこからケータイ・コミュニケーションのポジティブな在り方を探っていきたい。
    (参考) 総務省 2007 「平成18年度通信利用動向調査」より
    まず、ケータイでのコミュニケーションのメリットを述べる。上記図2から分かるように最近では、これまで情報ツールとは無縁の年代であった子どもや高齢者までもがケータイを持ち始めている。それだけケータイの利便性が高く評価されている証だろう。利用に際しての知識・スキルや複雑な接続作業、ある程度の広さ確保が必要なパソコンと比べて、手軽で操作が簡単で場所をとらないケータイは手を出しやすいものである。
    次に、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。