社会保障法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数760
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会保障法

    代表キーワード

    社会保障法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    前書き
    ・社会保障法とは、国家が広く国民全体に対して保障すべき必要最低限の生活水準と自治体が住民の生活のために保障しなければならないとされる、最低限度の生活環境基準に対し、憲法25条(生存権)、13条(個人の尊重、14条(法の下の平等)に基づいて、その権利保障と絡め生活自助の範囲のみならず、積極的かつ包括的に国民の快適な生活を保障することを目的とした法の総体であり、社会保障制度を通じ、権利としての、社会的な所得、各種の対人的・社会的なサービス等の諸給付実現に関する法の体系でもあるといえる。
     社会保障制度の公的問題
    ・このように、社会保障法は整合性を有する単一の法領域でないため、給付方法(現金・サービス・現物)や財源(公費負担・保険方式)など実に複雑で多様である。そのため、
    各制度間のヨコのつながりが欠けてしまっているのである。これらの問題をかかえたまま、
    国の財政合理化、社会保障、社会福祉改革の名で財政カットに関連して財政経済構造改革に関連する法政策が進行している。そのなかで、税に基づく社会福祉制度の老人福祉法の「介護サービス」給付を、新たに保険料に基づく「介護保険(法)」創設によっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。