赤毛のアン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数536
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「赤毛のアン」
     作:L,M,Montgomery  
    訳:松本 侑子   
    集英社文庫 1993年  
     
    わたしたちの世代でも知っている人が多いこの「赤毛のアン」は、1908年にカナダで出版された名作である。なぜ、今現在までも名作と語り継がれているのだろうか。それほど人を魅せつける何かがあるのか。
     主人公のアンという少女は、まずやんちゃで、口が達者で、自分へのコンプレックスが強くて、ロマンチストな女の子である。
    しかし、ただのおてんば娘、と言い表せないような部分がある。子供なのに大人と思わせるような、何かだ。
    それは、機転の利く発想力と言葉遣いだ。
    アンの発想力は『トム・ソーヤ』と同じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。