精神障害と犯罪の関係、家庭と犯罪の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数928
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    刑法精神障害犯罪家庭刑事政策

    代表キーワード

    刑法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害と犯罪の関係
    精神障害とは何か?
    精神障害とは精神疾患ともいわれ、意識障害や知的障害、記憶障害、思考障害などがある。簡単に言うと「精神機能が障害され、人との交流が正常にできなくなること」である。我が国の精神障害者は200万人以上と推測されており、精神科に入院している患者も35万人と意外とありふれている病気である。
    精神障害と犯罪の関係性について
    一般的によく知られている知的障害者を検討することにした。知的障害者は知能が低く、適切な判断能力を欠き、社会適正が劣ると言われている。よって世間では犯罪率が高いと思われがちだが、実際はどうなのであろうか?
    義務教育では、特別な支援を要する児童生徒のために設けられた学級のことを特殊学級といい、普通学級と区別されている。1960~70年でのある調査では、特殊学級と普通学級の卒業者の非効率の差はほぼなし無しという結果が出ている。教育法の発達により知的障害者は犯罪に陥りやすいというのは間違っているという見解もある。一方、元衆議院議員山本譲司は、不正受給問題で懲役刑を受けた時の体験から「獄窓記」という書籍を出版している。その中には刑務所内の知的障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。