渤海国と北陸

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数310
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    渤海国北陸

    代表キーワード

    渤海国

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教科書に示されている二つの日渤交渉ルート。一つは新羅の沿岸をたどるルート。もう一つは渤海国から直接日本に行くルート。なぜ同じ教科書なのにこうも違ってしまうのか。これから考証していく。
    そもそも渤海国とは、698年に大祚栄が中国東北部、朝鮮北部あたりに建国した多種民族国家である。ニ代目武王の時、北で黒水靺鞨、南で新羅や唐と対立する。紛争が終わると唐とは回復関係を築き、黒水靺鞨は渤海の支配下に入る。しかし新羅とは対立関係が続き警戒心を強めた。それにより日本と友好関係を結ぶ。それは新羅に対抗する軍事同盟と言ってもいい。このころから渤海は日本と交易をし始めるのだ。日本史上遣唐使はとても有名で、渤海使(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。