高齢者虐待における問題とその防止策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数11,974
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    はじめに
    私はこの授業で先生が「児童虐待は世間でも大きくクローズアップされるのに、なぜか高齢者虐待は興味関心が薄いようだ」と、おっしゃっていたのに深く衝撃を受けた。確かに私自身も児童虐待と高齢者虐待をどちらかテーマにしろと言われたら、児童虐待の方をテーマに取り上げてしまうかもしれない。だが、児童も高齢者も守られるべき人権は一緒。児童だけ取り上げて、高齢者は扱ってもらえないのはおかしいので、高齢者虐待をテーマにすることにしました。
    ①高齢者虐待とは
    寝たきりや高齢者の介護は、簡単にできる介護ではない。しかも介護者にかかる負担は大きいため、介護者自身は余裕を失い、高齢者の生活の質を向上させるための方法のゆとりをなくしてしまうこともあると共に、さらに介護負担感を増幅させてしまう。介護をしている間自分の時間がないなどとして介護のため余裕がなくなってしまう事も起きてしまい、介護問題を理由とする無理心中、虐待などはこうした介護者の身体的・精神的疲労の蓄積によって引き起こされるのである。また、要介護状態になった高齢者を家庭の中で介護するのが当然であるという周囲の目の中で、自らの介護によって本人の状況が飛躍的に改善する期待も持てない状況で介護を続けていくことの精神的なストレスは大きい。そのよう状況があることによって介護者が追い詰められて虐待に至るケースも少なくはないのである。
    ②高齢者虐待の特徴
    虐待の被害者の特徴は、要介護度の高い場合や自立に近い場合などであり、介護の状況により虐待は発生してしまうのである。経済的状況が安定していたとしても、高齢者の資産を勝手に使われてしまうなどして経済的虐待も起きてしまう。また、虐待者と高齢者の接触時間が長いとなると介護への協力、理解を得にくい場合が生じてしまう。しかし、虐待者は虐待について自覚が低く、高齢者は自覚があっても『何もできない』状況にあることから虐待が発見されにくい事もおきうるのである。家族や親族などがちょっとしたこと、ささいなことと思っていても、積み重なることによって高齢者に大きな影響を与えることがあったり、ケアの方法が分からないために高齢者のためになると思い、してしまったりすることが虐待につながることもあるとされている。
    ③発生要因
    虐待の発生要因として考えられる一つとして高齢者の介護が重度化することにより、介護者の介護負担が重くなると虐待につながりやすいということであり、また介護を頑張っているものの、介護の長期化による介護疲れから虐待に繋がる場合も多いと考えられる。核家族や社会の縮小化となってきている現代では、住民相互の連帯感が弱体化してきており、昔は老人の介護の世話においても、拡大家族なため人手に困ることもなくまた、ご近所同士の助け合いがなりたってきていたのが、現代ではそのような関係が期待できない背景があり、介護の協力者がいない場合が多くなってきている。そのようなことから、生活問題を個人・個別的に抱え込んでしまうことなどがおきてしまうのではないだろうか。介護に対する正しい理解や介護技術がないため、十分な介護が行えず虐待につながったり、介護保険サービスの利用に抵抗感を感じてしまい介護の負担をより重くしてしまったりする場合もあると考えられる。そして、認知症に対し、正しい理解がされていないため、高齢者の行動や変化に対応することが出来なくなったりし家族が、『高齢者が反抗している』『感謝の気持ちがない』などと誤解を招き虐待に繋がる場合もある。
    昔から高齢者と虐待者との関係が悪い場合は、要介護状態等によって力関係が変化

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    私はこの授業で先生が「児童虐待は世間でも大きくクローズアップされるのに、なぜか高齢者虐待は興味関心が薄いようだ」と、おっしゃっていたのに深く衝撃を受けた。確かに私自身も児童虐待と高齢者虐待をどちらかテーマにしろと言われたら、児童虐待の方をテーマに取り上げてしまうかもしれない。だが、児童も高齢者も守られるべき人権は一緒。児童だけ取り上げて、高齢者は扱ってもらえないのはおかしいので、高齢者虐待をテーマにすることにしました。
    ①高齢者虐待とは
    寝たきりや高齢者の介護は、簡単にできる介護ではない。しかも介護者にかかる負担は大きいため、介護者自身は余裕を失い、高齢者の生活の質を向上させるための方法のゆとりをなくしてしまうこともあると共に、さらに介護負担感を増幅させてしまう。介護をしている間自分の時間がないなどとして介護のため余裕がなくなってしまう事も起きてしまい、介護問題を理由とする無理心中、虐待などはこうした介護者の身体的・精神的疲労の蓄積によって引き起こされるのである。また、要介護状態になった高齢者を家庭の中で介護するのが当然であるという周囲の目の中で、自らの介護によって本人の状況..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。