第三次産業になり求められる能力が変わった

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数399
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート産業情報社会能力

    代表キーワード

    社会第三次産業

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    求められる能力の変化
     戦後の復興より日本では、第1次産業が下降し、鉱業や製造業、建設業などの第2次産業が機械化にともない飛躍的に発展してきた。1960年代の生産比率ではあ1970年代よりサービス業や小売業などの雑多な部門が集まった第三次産業が発展をし始めてきた。その後第三次産業は、発展を続けていった。その分第1次産業と第2次産業は、低下をしていった。このような、第2次産業が発展をしていった時代と第3次産業が発展した今現代の日本の就業形態と生活様式を考えてみる。
     第2次産業が発展していった時代の就業形態として日本は、ほぼ終身雇用制をとっており、年功序列、男性中心の社会であった。その時代と比べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。