学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数506
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「現代の『教師に求められる資質とは何か』についてまとめなさい。」
    教員に必要な資質・能力には大きく分けて二種類ある。一つは、いつの時代にあっても一般的に変わらず求められている資質・能力で、もう一つは、今後変化の激しい社会において、子どもたちに「生きる力」を育む教育を授けるため、特に求められる具体的資質・能力である。前者は、専門的職業である「教職」に対する愛着・誇り・一体感に支えられた知識・技能等の総体といった意味内容を有するもので、「素質」とは区別され、後天的に形成可能なものであると解されている。生徒のことを常に考え試行錯誤する日々は、当然、愛着や情熱なしにはできないことであろうし、学校教育の直接の担い手である教員の活動は、人間の心身の発達に関わるものでもあり、発達途中にある生徒の人格形成に大きな影響を及ぼすことから、これまた当然ながら、誇りや覚悟なくして携わるべきでなく、また、教科指導における専門性なしには、“教える”行為そのものが、円滑には行えないであろう。自分の専門教科には絶対のものが必要であることは勿論、専門教科以外の面においてもそれは求められる。後者は、「地球的視野に立って行動するための資質・能力」、「変化の時代を生きる社会人に求められる資質・能力」、「教員の職務から必然的に求められる資質・能力」という三つの具体的な資質・能力である。今後特に求められる具体的資質・能力として分類されていることから、以下にその三点の詳細をみていくこととする。
    先ず一つ目の「地球的視野に立って行動するための資質・能力」とは、“地球・国家人間等に関する適切な理解”、“豊かな人間性”、“国際社会で必要とされる基本的な資質・能力”といったもので、“地球・国家人間等に関する適切な理解”は、個人と地球や国家の関係についての適切な理解や、社会・集団における規範意識を、“豊かな人間性”は、思いやりの心やボランティア精神を、“国際社会で必要とされる基本的な資質・能力”は、考え方や立場の相違を受容し多様な価値観を尊重する態度を、といった、つまりは、世界の様々な国家や地球について適切な理解をもち、人権尊重の精神をもっていること。様々な考え方や意見、多様な価値観を受容し、尊重する態度が大切であり、同時に、思いやりの心、協調性をもっておく必要性が求められているのである。社会・集団における規範意識は勿論のこと、幅広い知識と豊かな人間性なくしては、学級をうまくまとめていくことはできないであろうし、他の教師と協力して学校づくりを行うことはできない。幅広い視野にたって評価や指導を行うためには、教師自身が様々な社会経験を積む必要があるであろうし、また、この先奉仕活動が行われる機会が増えてくる中で、教師自身がボランティア経験等をすることによって、人間性の豊かさを身につけておくことが求められる。
    二つ目の「変化の時代を生きる社会人に求められる資質・能力」とは、“課題解決能力等に関わるもの”、“人間関係に関わるもの”、“社会の変化に適応するための知識及び技術”といったもので、“課題解決能力等に関わるもの”は、個性や応用力、継続的な自己教育力を、“人間関係に関わるもの”は、社会性や対人関係能力を、“社会の変化に適応するための知識及び技術”は、自己表現能力や基礎的なコンピュータ活用能力を、といった、つまりは、常に現状に満足するとなく、継続的な自己教育力をもつこと。多種多様な情報の中から適切な情報を選出し、その場に応じて活用しながら、課題解決能力を身に付けていくこと。更には、教師という狭い枠にとらわれず

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の『教師に求められる資質とは何か』についてまとめなさい。」
    教員に必要な資質・能力には大きく分けて二種類ある。一つは、いつの時代にあっても一般的に変わらず求められている資質・能力で、もう一つは、今後変化の激しい社会において、子どもたちに「生きる力」を育む教育を授けるため、特に求められる具体的資質・能力である。前者は、専門的職業である「教職」に対する愛着・誇り・一体感に支えられた知識・技能等の総体といった意味内容を有するもので、「素質」とは区別され、後天的に形成可能なものであると解されている。生徒のことを常に考え試行錯誤する日々は、当然、愛着や情熱なしにはできないことであろうし、学校教育の直接の担い手である教員の活動は、人間の心身の発達に関わるものでもあり、発達途中にある生徒の人格形成に大きな影響を及ぼすことから、これまた当然ながら、誇りや覚悟なくして携わるべきでなく、また、教科指導における専門性なしには、“教える”行為そのものが、円滑には行えないであろう。自分の専門教科には絶対のものが必要であることは勿論、専門教科以外の面においてもそれは求められる。後者は、「地球的視野に立って行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。