教育社会学(第2説題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数341
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ」
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味し、高等教育機関で学ぶことが重視され、そのために若者が大学や大学院などの機関に殺到するような社会である。つまり、公教育を以って教育とみなし、その機関を経た学歴を重視する社会といえる。日本は諸外国に比較しても高学歴者の多い国である。高校に進学するのは常識化しており、大学への進学率は、5割に近い。より高度な教育を受けるものが多いということは、社会自体にとっては、歓迎されるべきことである。し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。