教育原論(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数532
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ」
     ジョン・ロックの教育法は、紳士を育てることにあるという。ロックは、「人間の精神は、その誕生時、あらゆる種類の印刻を受け容れる事ができ、生まれながらには、何の観念も原理も持たない」という、自らが提唱するところである、タブラ・ラサ(精神白紙)説に基づいて、人は外部から観念を詰め込む事によって、いくらでも恣意的に人間を形成する事ができ、また、子供はそれを受け入れる自発性と可能性を持っている存在であると主張した。では、どのようにして人の心は観念を備え得るようになるのか、どこから人の心は理知的推理と知識のすべての材料を我がも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。