イギリス文学史2 分冊2

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数898
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    音楽人間表現特徴

    代表キーワード

    イギリス文学史表現

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    JOHN KEATSのTO AUTUMNについて述べる。ジョン・キーツはイギリスの代表的な詩人である。そしてこの作品の詩型は「オード」という詩の形式が用いられており、ヨーロッパではギリシャ以来、好んで用いられてきた。その特徴は呼びかけである。
    Season of mists and mellow fruitfulness,
    Close bosom- friend of the maturing sun
    というように、霧と果物の熟れる季節よ。熟成する太陽の心の友よ。という語りかける形式ではじまっている。これは対人を擬人化することである。擬人化とは人間以外のものを人物として人間の誠実、特徴を与える比喩の方法である。
    この作品は3連からなり、各連、11行である。第1連の冒頭では、果実が実っていく有様を見事に描いている。果実の熟れるのは重みとして表現されている。
    第2連では擬人化された秋を視覚的にとらえている。
    Who hath not seen thee oft amid thy store?
    Sometimes whoever seeks abroad may find
    Thee sit..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。