メディア 国文学 理解度チェックⅡ 成績A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数247
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ③課題タイトル 島崎藤村の詩人から小説家への転進の経過を600字以内でまとめなさい。
    東北学院大学で教鞭をとる傍ら「文学界」で北村透谷らとともに浪漫派詩人として活躍していた島崎藤村は、詩作にふけり1897年に代表的浪漫詩集「若菜集」を刊行し、近代日本浪漫主義の代表詩人としてその文学的第一歩を踏み出した。こうして詩人として出発した島崎藤村は、現実問題に対する関心が高まり、そして芸術観の変遷により、表現の可能性を探すため徐々に散文へと創作法を転回した。つまり詩人から小説家へと転身をはかった。小説を書き出した理由はこの他に実生活を配慮しなければならないという経済的理由もあった。当時詩では生活費は得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。