メディア 英語Ⅰ 報告課題 Ⅰ 成績S

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数735
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    英文目的実践形容詞文法意味語句

    代表キーワード

    英語メディア 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語Ⅰ 報告課題Ⅰ 
    1. 名詞句、名詞節、形容詞句、形容詞節、副詞句、副詞節について例文(和訳も添える)を挙げながら、詳しく説明せよ。
    名詞句とは、 文中で名詞と同じ働きをする句のこと。To不定詞と動名詞が名詞句を作る。名詞句は名詞と同じように文の主語、目的語、補語になる。
    例文     Getting exercise is good for you.(Forest p302)
    訳      運動をすることは身体に良い。
    名詞節とは、 文中の名詞と同じ働きをする節のこと。接続詞(that,whether,if)疑問詞(who,whichなど)関係詞(what whatever)などに導かれ、文の主語、目的語、補語になり、またある種の名詞について同格節となる。
    例文     What he told me was true. (Forest p304)
    訳      彼が私に言ったことは本当だった。
    形容詞句とは、文中の名詞を修飾する句のこと。To不定詞、分詞のほかに(前置詞+名詞)の形で名詞や代名詞を修飾したり、補語になったりする。
    例文      He had to chance..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。