イギリス文学史2 分冊1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数405
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一次大戦前後の代表的なイギリス小説家の一人で劇作家、随筆家、評論家でジャーナリストでもあるアーノルド・ベネットについて述べる。
    彼はイギリス北部のスタッフォードシャー州に生まれ、二十一歳の時にロンドンへ出て最初は法律事務所に勤める傍ら新聞や雑誌に小説や随筆を投稿していたが、その後ジャーナリズムに興味を森出版社に転職。それからしばらくは女性週刊誌の編集者として婦人雑誌の編集に携わった。やがて一八九五年にイエロー・ブック誌に短編「母への手紙」が掲載されたのをきっかけとして作家を志すようになり一九〇〇年ごろから本格的に作家活動を開始した。
    そして自分の生まれ故郷であるスタッフォードシャー州「五つの町」を舞台に、町で仕立て屋を営むベインズ夫人と彼女の二人の娘墾スタンスとソファイアの親子に代にわたる女の生涯を描いた「五つの町」シリーズで作家としての地位を確立した。
    プライベートでは一九〇二年に父親が他界すると翌年一九〇三念にフランスへと渡り、一九〇七年にはフランス人と結婚している。 
    それから一九〇八年、四一歳のときに書かれた「老妻物語」が彼の作家としての地位を確固たるものとした出世作である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。