文学 分冊1 評価A

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数452
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文学の世界では大きなジャンルとして純文学と大衆文学がある。
    純文学とは、大正時代、円本の普及とともに大衆受けは良いが、世俗的で品性の低い文学価値の乏しいテキストが大量に出回り、既存の作家達や、円本のような作品を卑しむ人々により、今までの文学はそういう大衆文学とは一線をかくしたジャンルであるとされ、それは純文学と名づけられた。
    その内容も高度で読者も限られている。もっとも、そうはいえ、既得権利を守るために作った組合のような側面も多分にあった。また、大衆小説、あるいは小説一般に対して、商業性よりも芸術性、形式に重きをおいた小説の総称である。
    日本の文学用語としての純文学は、明治の作家北村透谷の評論「学問のための文章ではなく美的形成に重点を置いた文学作品」として定義された。彼の人間讃歌的な浪漫主義に対し、現実の不の面を捉えた島崎藤村、田村花袋らの自然主義文学が誕生するのである。
    花袋の「蒲団」以降、純文学として書かれた小説は、自分の周辺のことを書き連ねる私小説が多くなった。
    明治末から対象にかけては、自然主義文学の暗さに反発して、人間主義を掲げた、武者小路実篤、志賀直哉、有藤武郎ら白樺派が文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。