アメリカ文学史分冊2

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数576
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「失われた世代(ロスト・ジェネレーション)について述べるが、一般には第一次世界大戦後のアメリカの幻滅した知識階級および芸術派の青年たちに与えられた名称である。
     1920年代末から30年代にかけては、第一次大戦の衝動的体験がアメリカン、リアリズムに新たな刺激を与え「失われた世代」を生み出したのである。
    第一次世界大戦に参加した若者たちは、戦争のショックで人生に幻滅、絶望を感じ、既成の思考も、道徳も宗教も信じなくなったのである。生きる方向を見失った彼らは、アメリカの実業社会を嫌って、中にはヨーロッパに滞在して一時的に虚無的、快楽的な生活に浸り、そのなかに文学的な追求を試みるものが出てきた。
    この時代は、価値観の異変があり、考えに変動があったのである。
     アーネスト、ヘミングウェイがその作品「日はまた昇る」のモットーに、ガートルド・スタインが言ったという「あなたたちは皆、ロスト・ジェネレーションね」という言葉を掲げたところからも有名になっているのである。
     この「日はまた昇る」はパリとスペンインを舞台にロスト・ジェネレーションの姿を描いたもので、彼は、主観的な感情を全く排除して、客観的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。