商品学 分冊1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数242
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品の概念について述べる。 先ず、一般市場で、売買を目的として生産されたものが、有用性と収益性を持って使用価値として、交換価値を有するという意味をもとにして、商品取引の対象として、市場にあって配給過程におけるときのことを商品という。
     また商品には、お金との交換対象としての販売目的がある。そしてその利益を目的としていて、それらを生産、販売するのである。
     それは、買い手には満足を与え、売り手には収益をもたらすことができるのである。特に商品を購入、使用する消費者にとっては、消費者の必要や欲求に満足を与えるものであるから、「便益の束」とも定義されている。 
    つまり、商品には中核となる便益があり、それを提供する要素として、商品の様々な機能が存在するという捉え方なのである。
     商品とは一言で言っても広い意味がある。具体的には形があるもの、いわゆる有形のものと、形のないもの、いわゆる無形のものとに分けられる。これらの商品の中で、形があるものを「モノ」とするならば、形がないものは「サービス」と呼ばれている。このサービスとは形はないが、価値の有するものを表しているのである。
     これらは、いわゆる第三..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。