アメリカ文学史分冊1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数519
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アメリカ、ルネッサンスについて、本来のルネッサンスの意味について述べるが、十三世紀から十五世紀へかけてイタリアに起こり、次いで、全ヨーロッパに波及した芸術上および思想上の革新運動のことである。
     若者の間では「新精神時代」が広く話題となり、古い愛国心には満足できなかったのである。彼らが望んだのはアメリカの力でも富でもなく、内面生活の探求だったのである。そして彼らはギリシャ哲学、ドイツ哲学、イン度哲学を学んだのである。
    このような活動の中心にいたのが超越主義者たちである。彼らは哲学体系を作るというよりは、感情や信念を共有する運動を起こしたのである。彼らは論理を通してではなく、感情や本能をと通じて真実を見極めようとしたのである。そして、超越主義者達は、人間の中にも自然の中にもあらゆるところに神をみたのである。
    R.Wエマソンは、超越主義の理念を明確に表明した書物「Nature」を発表した。その中で彼は、自然を何かに利用ようと思ってみてはいけない。そして自然と人間との関係は有用性というものを超越するものだと述べたのである。この超越という言葉はドイツ哲学に由来するものだが、知性を過大視せず、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。