自己実現と働く意味の関連

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数8,909
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自己実現と働く意味の関連と自己理解を深める必要性について考えると、働くことは自己実現に関しても様々な欲求が重なり合ったものだと思う。社会で働くこと、社会で働く意味を考えたところ、いくつかの理由があがってくる。
    まず1つ目は楽をするため、生活をしていくためだと考える。生きていくためには生活をしなければならない。さらに生活をしていく中で自分の満足のできる充実した毎日を送りたいと思うのが人として当然の考えであり、そう思うからこそ働く意欲がわくのだと思う。そのためにも自分にあった職場に就職し、生活していきたい、家族を支えていきたいと思うのである。これは自己実現理論でいう生理的欲求・安全の欲求に当たると考えられる。また他にも自己実現理論には親和の欲求 、自我の欲求 、自己実現の欲求 があり、どれも働くことと伴ってこれらの欲求も発生してくるものと思う。
    また理由の2つ目となるものが「やりがい」なのではないだろうか。「自分のやりたいことを仕事にできれば、どんなに良いことだろう。」とだれもが思う。自分にあった職場、楽しいと思うことのできる職場だからこそ、それなりの喜びや悲しみがあり、辛くてもがんばって最後までやり切れるのではないだろうか。またそういった職場を見つけることで充実した人生を送ることができる。それが働くことの意味に繋がってくるのではないだろうか。そのことがどう自己実現と関係しているかというと、自己実現は「自己の能力の十分な発揮」で成り立つ。自分のやりたいと思える職場だからこそ、自己実現も無駄なく順調にしていくことができるのではないかと考えている。
    では、そこで問題となるのが良い職場、自分の能力が発揮できる職場とはどういうものなのだろうか。私の考える中では、人から見れば羨ましく思われる職場でも、本人からすると納得いかないかもしれない。逆に人から見れば、「なんで。」と思われる職場でも、本人にしてみれば、満足かも知れない。結局は、自分がどう感じるかにかかっているのではないだろうか。だから、私は、良い就職とは自分が納得できる就職だと思う。 自分が納得するには、今の可能性の中で、考えて、悩んで、苦しむ必要があると思う。そんな過程があるからこそ、納得でき、たとえ失敗したとしても潔くあきらめることができる。そして、失敗しても次の可能性に向かって動き出すことができる。それが自己実現をしていくための一歩なのではないだろうか。誰にも、自分に一番あった会社なんてわからない。やってみて始めてわかる人もいるかも知れない。それは人それぞれの考えであり、否定することはできない。要するに自分がこれだと本当に決めた職場なら、どんなことがあっても負けることなく続けていけると思う。それが自分に最も適した職場なのではないだろうか。
    そういったことを踏まえて考えていくと働くこと、就職は自己実現をするための手段の1つであり、その選択によって今後の自分がどう変化していくかが決まってしまう。
    また自己実現は自分が「自己実現したい」という気持ちが大事なのではないかと考えている。なぜ自己実現をしたいと思うのかは自己実現理論の欲求によって起こるもので、「人に認められたい」、「人から尊敬されたい」など、自分の評価を上げるためでもある。そう思った時点で自己実現は始まっており、そう思うまでが一番難しいことなのではないだろうか。
    そういった自己実現の欲求に達していないのが、今日の日本の大きな問題となっているのが、フリーター・ニートなのではないだろうか。そもそもそれらが増加してきた理由のひとつとしては、正社員として

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己実現と働く意味の関連と自己理解を深める必要性について考えると、働くことは自己実現に関しても様々な欲求が重なり合ったものだと思う。社会で働くこと、社会で働く意味を考えたところ、いくつかの理由があがってくる。
    まず1つ目は楽をするため、生活をしていくためだと考える。生きていくためには生活をしなければならない。さらに生活をしていく中で自分の満足のできる充実した毎日を送りたいと思うのが人として当然の考えであり、そう思うからこそ働く意欲がわくのだと思う。そのためにも自分にあった職場に就職し、生活していきたい、家族を支えていきたいと思うのである。これは自己実現理論でいう生理的欲求・安全の欲求に当たると考えられる。また他にも自己実現理論には親和の欲求 、自我の欲求 、自己実現の欲求 があり、どれも働くことと伴ってこれらの欲求も発生してくるものと思う。
    また理由の2つ目となるものが「やりがい」なのではないだろうか。「自分のやりたいことを仕事にできれば、どんなに良いことだろう。」とだれもが思う。自分にあった職場、楽しいと思うことのできる職場だからこそ、それなりの喜びや悲しみがあり、辛くてもがんばって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。