ピアジェ理論の有用性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,509
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達心理学 
    『ピアジェ理論の有用性』
    ジャン・ピアジェの研究の特徴は、子供の知能、特に保存性・可逆性・相補性の発達を証明した点である。哲学では、物事を精神と物質に分けて考えることが多いが、ピアジェはそうした区別をしないで生身の人間の心理を追及した。具体的に言うと0歳から7歳までの心の構造が出来上がっていく過程を、徹底した臨床実験や観察を通して研究し、解明した。ピアジェは子供に知識を押し付ける「受動的教育」を善しとせず、子供自身が自分で周りの環境から知識を学び、知能を発達させる「能動的教育」に重点を置いている。ピアジェ理論の優れたところは、1つのことから知能は生まれず、2つのことを比較して初め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。