青少年の社会的成熟の困難化に関わる教育的問題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数455
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)青少年の社会的成熟とは社会化を目的としたものであり、現代の日本にあっては、平均的には12-3歳( 小学校 卒業時前後)で肉体的成熟があり、17-8歳( 労働力 と認識される頃)に 精神的成熟 があり、24-5歳(同 世代 の大多数が、社会人となる頃)に、社会的成熟が在るとされる。ただし、これはあくまで平均であって、個人差が大きい(中には、生涯社会的に成熟しない人もいる)。なぜならば社会化の過程は多様であり、どの人間も同じ文化を一律に、同じ段階を踏んで学習するわけではないからである。それがつまり個性の発達に関わっているのだ。社会化とは人間という種に生まれた一人の人間が社会的相互行為を行う中で社会の構成員としてのパーソナリティ体系を形成していくことであり、自己のアイデンティティの認識と、独立した思考と行動をおこないうる能力を発達させていく過程のことである。それは社会変動に影響を受ける。特に経済成長に伴う日本社会の近代化によって生じた変化は多大な影響を及ぼした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)青少年の社会的成熟とは社会化を目的としたものであり、現代の日本にあっては、平均的には12-3歳( 小学校 卒業時前後)で肉体的成熟があり、17-8歳( 労働力 と認識される頃)に 精神的成熟 があり、24-5歳(同 世代 の大多数が、社会人となる頃)に、社会的成熟が在るとされる。ただし、これはあくまで平均であって、個人差が大きい(中には、生涯社会的に成熟しない人もいる)。なぜならば社会化の過程は多様であり、どの人間も同じ文化を一律に、同じ段階を踏んで学習するわけではないからである。それがつまり個性の発達に関わっているのだ。社会化とは人間という種に生まれた一人の人間が社会的相互行為を行う中で社会の構成員としてのパーソナリティ体系を形成していくことであり、自己のアイデンティティの認識と、独立した思考と行動をおこないうる能力を発達させていく過程のことである。それは社会変動に影響を受ける。特に経済成長に伴う日本社会の近代化によって生じた変化は多大な影響を及ぼした。
    最近の日本の若者は付き合う人の範囲が、親や一部の仲良しに限定されており、地域との関わりをまったくと言っていいほどもたなくった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。