精神保健福祉施策の概要について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数557
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉人権社会医療精神障害者健康障害法律

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉施策の概要について述べよ。」
     精神保健は、人間の心身健康のうち主に精神的な部分の健康を対象としている。精神的な病や障害を予防し、治療することを目的としている。また、精神的な健康を保持向上させる事も活動の目的としている。現代社会は変化が激しく、ストレスなど精神的に負担を及ぼす中で、様々な不満や不安を抱えてしまう。そのなかで、精神の健康を維持し、向上させることは難しく、困難と考える。そして、精神的な障害を持っている人達に対しては、早期治療を進めることや、リハビリテーション活動などによって、精神的な障害の回復と社会復帰などを促進させることが必要だと考えられている。
     「精神保健法」は1988年7月に執行され、精神的な医療上での、患者の人権尊重や社会復帰対策充実についての改善や、精神的な健康増進なども含めた幅広い対策が、国や地方レベルの責務であると規定された。
     1993年12月には「障害者基本法」が成立し、精神的に障害を持っている人々を障害者として明確な立場に位置づけた。1995年には精神的な障害を持っている人達の社会復帰、福祉施設の充実や強化を図る部分に観点がおかれ、「精神..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。