アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数501
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ」
                           
    アメリカの医療制度
    アメリカでは、過去や、それまでの生き方や生い立ち、社会背景が関係なく努力すれば成功への機会に恵まれるという考え方があり、「個人主義」的な考え方がとても強い国である。そうした考え方、福祉や医療にも強く反映されており病気や貧困は自己責任という考えが古くから根付いている。つまりアメリカでは、全面的な公的扶助に頼り依存していくべきではないという「自助努力」を重んじているのだ。そして現在は、社会保障法を中心に各種の社会保障制度が実施されている。
    アメリカには、日本のように全国民を対象とした公的医療保障制度はなく、高齢者と一定の条件を満たす障害者に対して行われているメディケア(公的高齢者医療保険)と低所得者を対象としているメディケイド(低所得者医療)という制度が存在している。
    (1)メディケア
     メディケアとは、国の運営により高齢者と障害年金受給者、慢性腎臓病患者を有する非保険労働者とその家族を対象とする医療保険で、主にパートAとパートBに分けら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。