日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数665
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について述べよ。」
    日本は急速な社会変化に伴い少子高齢化社会へ突入した。恒例労働白書によると、平均寿命も男性79.19歳(世界3位)、女性85.1歳(世界1位)で、世界に例をみない早さで長寿大国になった。高齢者問題は、急に現れた問題であるため深刻化し、重要な課題と言える。福祉や医療だけの問題ではなく社会全体と問題として取り組む必要性があるのだ。その為には、各専門職者などが連携していく必要があり、関係が深い医療福祉が中心的な役割をしていかなければならない。その為にも、現状を知り、他国との違いから相応しいありかたを見出だしていくべきなのだ。
    日本の老人ホームは職員不足や、入所待機者への対応など様々な問題を抱えている。職員不足は、高齢者のホームでの生活を十分に援助できなくなり、リハビリテーションなどの質の高いサービスまで提供できなくなる。そうしたサービス不足からは、個別性のない流れ作業的で、職員側都合となり、主体性が尊重されなくなっていく。つまり選択可能の多用プログラムではなくなり、変化や楽しみが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。