社会環境と発達病理について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,024
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会環境と発達病理について述べよ。」
    私たち人間は、常に社会的環境から大きな影響を受けている。そして、その影響は私達の生活に影響を与えるだけではなく、成長や発達にまで影響を与える、切っても切れない存在である。そして、社会背景からの影響が強い事は、時代が移っていくなかで新しい問題が常に生まれている傾向がある。
    燃え尽き症候群は、真剣に仕事や勉学に取り組み、自分が期待する結果を得る為の努力をしても、期待した通りの結果が得られない事で、精神的・肉体的に燃え尽きてしまったような状態になりことをさしている。
    燃え尽き状態になると、精神的疲労感や無力感を感じ、仕事能率が極度に低下してしまうなどの支障が生じてくるのだ。
    予防方法としては、自分の心境を包み隠さずに話せる相手を見つけるなどの人間関係を気付いていくことが大切とされている。そして、人間関係を通じて、自分に自信を持つなどしてもらい、無気力状態を解決していくきっかけをつくっていく事が大切と考えられる。
    環境面からみていくと、人間関係面で、自分の心境を正直に話す事のできる上司や同僚、家族や友人など他者とのつながりをもつ必要がある。これは、人的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。