乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数9,593
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境心理学子ども発達社会心理道徳幼児問題言語

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    「乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ。」
    人間の発達とは、青年期に盛んになり、老年期に向けて下降していくとされ、青年期までの研究が中心になり、老年期などは、あまり注目されてこなかった。しかし、現在は、人間の誕生から志望までの生涯を段階的に区分し、心理学的に分析をしている。乳児期・幼児期・児童期・青年期・成人期・中年期・老年期に区分し、それぞれの段階で研究が進められているのだ。
    発達心理学は、子どもは大人とは質的相違があるとされてきた。そして、ある時期の子どもは特定な発達段階にあり、その段階では共通した発達がみられるとした。しかし、子どもの発達レベルや領域は個々に違う為、一概に発達段階の特徴とはしない考えもある。こうした発達段階という考えは、それぞれの段階での発達特徴を理解するための基本になるため必要である。
    乳児期:ピアジェは、子どもは生まれた瞬間から知的発達が始まるとした。五感で直接感じ認識するだけで、物事を考える仕草はない。しかし、生後に過ごす環境下で学習をし、乳児期の終わりには知的活動がみられる。1歳頃に自分の周辺空間や時間経過などに簡単だが理解を示し出すのだ。
    幼児期:乳児期よりも人間らしい発達をみせる。運動能力では歩行から始まり、走ったり飛び跳ねたりする。そこから行動範囲が広がり、自分から行動しチャレンジをしていき、自信や自立心がみについてくる。
    知能力では、8ヶ月~1歳2ヶ月ぐらいまでは音から覚えた単語を使用するが、2~3歳頃には使用する単語は3倍にも膨れ上がり複数の単語を並べ、文を作り話しだす。つまりこの時期が、言語発達がもっとも盛んになるとされている。その為、子どもにたくさん話しかけていき、外部からの言語刺激をたくさん与えていくことが重要となっていくのだ。子どもは、言葉を聞くと、それを真似しながら学びとっていくからだ。また、子どもが話す言葉に反応を示すと、子どもは言葉が相手に通じる楽しさを知り、会話をする力も養っていく。それは言語的コミュニケーションを身に着けると言える。
    児童期では、生活上で規範になる道徳性を身につけていく。7歳頃まで、子どもは社会範囲が狭い為に親を絶対としている。その為、善悪の基準にも親の判断がそのまま影響してしまう傾向が強い。これが9歳頃になると、周囲との関わりから、親の意見以外があるのを知り、人によって、時と場合によって変化する道徳がある事への理解が始まる。11歳頃には物事を並べ立てて理解できるようになるが、抽象的なものを自由に組み立てれるのは12歳以降とされている。
    青年期:アイデンティティー確率の重要な時期である。人間は両親への依存から離れて自立を始めだした時から「自分とは何か」と考え始める。つまり、生活など両親中心だったものが、この時期に自立心が芽生え両親から離れようとする。この時に、自身の価値観や社会的立場などを強く意識し始める。そして、社会集団のなかで自分を位置付けアイデンティティー、つまり自我を確立しようと葛藤するのだ。この過程は次の時期に進む為にも大切とされている。
    成人期・中年期:成人期の発達課題は、結婚や子育てといった家庭生活が主になってくる。家庭生活を円満におくる為の課題を解決していかなければならない。中年期では、子どもを自立させ、自分達の老後生活をいかに有意義に過ごしていくかを考え、社会的役割をこなし、長年連れ添った配偶者への愛情や労りなど精神的な安定と充実を図らなければならない。
    最近は青年期からこの時期への移行が遅くなり、境界線が曖昧になってきている。青年期を上手く乗

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ。」
    人間の発達とは、青年期に盛んになり、老年期に向けて下降していくとされ、青年期までの研究が中心になり、老年期などは、あまり注目されてこなかった。しかし、現在は、人間の誕生から志望までの生涯を段階的に区分し、心理学的に分析をしている。乳児期・幼児期・児童期・青年期・成人期・中年期・老年期に区分し、それぞれの段階で研究が進められているのだ。
    発達心理学は、子どもは大人とは質的相違があるとされてきた。そして、ある時期の子どもは特定な発達段階にあり、その段階では共通した発達がみられるとした。しかし、子どもの発達レベルや領域は個々に違う為、一概に発達段階の特徴とはしない考えもある。こうした発達段階という考えは、それぞれの段階での発達特徴を理解するための基本になるため必要である。
    乳児期:ピアジェは、子どもは生まれた瞬間から知的発達が始まるとした。五感で直接感じ認識するだけで、物事を考える仕草はない。しかし、生後に過ごす環境下で学習をし、乳児期の終わりには知的活動がみられる。1歳頃に自分の周辺空間や時間経過などに簡単だが理解を示し出すのだ。
    幼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。