高齢者が求める福祉専門職者について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数647
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「高齢者が求める福祉専門職者について述べよ。」
    現代は昔に比べて平均寿命が随分と伸びてきた。そして、核家族化などの家族のあり方においても変化がみられる。それは、社会的には高齢化の進展に伴う独り暮らし高齢者や、家族介護の困難な要介護高齢者の増加を促した。そうしたなか、高齢者に対する福祉についても急激な進展が求められてきた。しかし、過去に例が無い高齢化に対し法律上も介護体制についても整備が追いつかず、完璧な介護体制では無く問題が山積みとされている。こうした問題をいかに解決し、高齢者に快適な福祉体制を提供できるようにしていかなければならない。
    1 高齢者世帯の生活理解
    独り暮らしの高齢者は、一般的に孤独であり不安を抱いている。人生を共に歩いてきた伴侶を亡くしていたり、仲間が徐々に少なくなり社会的に繋がりが薄くなるのだ。また身体的な状態も、なにかしらの疾病を抱えている場合が多く、身体機能が低下している事があるが、それぞれの病状は軽症であり日常生活動作は一部援助などの介護を受ける事で可能な状態になる。こうした独り暮らしの高齢者には、以下の項目を理解していく必要がある。
    ① 生活をしていくなかで欠かす事のできない衣食住の整備や金銭管理、近隣や親戚などとの付き合い、地域における共同作業など、全てひとりでやっていかなければならない。その為、高齢者は自分だけで考えたり判断をしたりしながら行動をしなければならなくなる。しかし、高齢になるにつれ、行動や思考が緩慢になり、様々な事が大きな負担となる。
    ② 子どもが自立をし、それぞれ新しい家庭を築き独立した家族を形成する為、家族間が疎遠となり、家族による慰めや励ましといった情緒面での安定が図れず、気分転換ができず悩んだり落ち込んだりしてしまう。
    ③ 生活を共にして、健康状態を看てくれる人が側に居ないために、怪我をしたりした場合、手当てなどが遅れてしまい最悪の場合には命を落としてまう事もある。
    ④ 病気発生と同時に、特に食事作り、洗濯や掃除、買い物などの家事機能が低下をし、生活全体が不安定になり、症状の悪化にもつながりやすい。
    ⑤ 経済的な基盤が弱くなっていき、出費をいかに押さえながら満足のいくような生活をしている人もいる。そうした人々は、改善をする為の情報収集することも難しく、なかなか困難な生活から抜け出す事ができない。
    2 福祉専門職の援助目標
    高齢者の精神的な不安をいかに取り除き、不足している家庭機能を補う事により、在宅生活の継続をできる限り可能にしていく事が大切である。さらに、地域社会からの孤立化を防ぎ、地域社会との交流を図っていく援助をしていかなければならない。
    しかし、独り暮らしの生活を単に延長させれば良いのではなく、高齢者本人の身体状況、精神状況、経済状況、生活環境の変化などにより、施設入所、子どもの家族との同居などを考えていかなければならない場合もある。そうした場合、高齢者本人の意思を尊重し、自らの生き方や生活する場の決定ができるように適格な情報提供をおこなっていき、揺れ動く気持ちを支えていくことが大切である。
    3 福祉専門職としての留意点
    身体機能について、どこが不自由で、どこに日常生活問題が出るのかを把握していかなければならない。また、身体機能の状態に照らし合わせて、住宅構造や居住環境の改善するべき点を把握していく。隣近所や友人との関係はどうなのかや心を許せる相手がいるか、緊急時に対応してくれる相手がいるかなどを把握する。親戚との関係はどうか、緊急時に介護力になり得るか、身体状況が悪化した場合どの程度まで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「高齢者が求める福祉専門職者について述べよ。」
    現代は昔に比べて平均寿命が随分と伸びてきた。そして、核家族化などの家族のあり方においても変化がみられる。それは、社会的には高齢化の進展に伴う独り暮らし高齢者や、家族介護の困難な要介護高齢者の増加を促した。そうしたなか、高齢者に対する福祉についても急激な進展が求められてきた。しかし、過去に例が無い高齢化に対し法律上も介護体制についても整備が追いつかず、完璧な介護体制では無く問題が山積みとされている。こうした問題をいかに解決し、高齢者に快適な福祉体制を提供できるようにしていかなければならない。
    1 高齢者世帯の生活理解
    独り暮らしの高齢者は、一般的に孤独であり不安を抱いている。人生を共に歩いてきた伴侶を亡くしていたり、仲間が徐々に少なくなり社会的に繋がりが薄くなるのだ。また身体的な状態も、なにかしらの疾病を抱えている場合が多く、身体機能が低下している事があるが、それぞれの病状は軽症であり日常生活動作は一部援助などの介護を受ける事で可能な状態になる。こうした独り暮らしの高齢者には、以下の項目を理解していく必要がある。
    ① 生活をしていくなかで欠..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。