在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数4,151
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について」
    介護保険制度とは、利用者の選択により、保険・医療・福祉にわたる介護サービスを総合的に利用できる仕組みを創設したものであり、そのために、日本に初めて本格的な介護支援サービス(ケアマネジメント)の仕組みを制度的に位置付けたものであり、2000年の4月にスタートした介護保険制度は、5年後に見直しの制度が位置付けられた。そして2006年に見直しがされ、サービスの見直しや痴呆の名称変更などがおこなわれた。
    在宅福祉サービスとは、住みなれた地域社会や我が家での在宅生活を維持する為に、日常生活の援助を必要とする障害者や高齢者などに対して提供される、自治体の市町村が中心となり実施提供される各種の福祉サービスのことである。
    これまでの在宅三本柱とは、ホームヘルプサービス・ショートステイ・デイサービスを中心にして整備拡充が図られている。寝たきりの状態にある高齢者が、特別養護老人ホームや養護老人ホームなどを利用しなくても在宅で受ける事ができるサービスを活用し、家庭を基盤とした地域社会での生活継続ができるような様々な条件を整備していくものだ。この3つの基本サービスの他に、福祉用具の給付や配食のサービスや訪問入浴サービスなどがあり、今後は訪問介護のサービスのさらなる充実が期待されている。また、地域における高齢者に関わるサービス調整にあたる在宅介護支援センターが区市町村に設置され、在宅の高齢者とその家族からの介護上に発生する問題や相談など緊急時に対応する窓口としての役割を担うようになった。
    高齢者保健福祉推進十か年戦略(ゴールドプラン)が制定されてから、2000年に至るまでわが国の高齢者に関する保健医療福祉サービス整備の基本的な方向性が明らかにされてきた。そして、1990年の老人福祉法及び老人保健法の改正によって、1993年の4月から老人保健福祉計画が各市町村及び、各都道府県ごとに策定されることが義務付けとなった。また、ゴールドプランは、1994年12月に見直しが行われ、新ゴールドプランとして新しい整備計画が立てられたが、計画期間終了に伴い、1999年には、今後5か年の高齢者保健福祉施策の方向(ゴールドプラン21)が策定されて、翌年度から推進されていった。
    在宅で生活をしている高齢者の居住形態としては、独居や夫婦のみ、三世代での生活世帯など多様な形態をとっている。また、親族や友人、知人との密接な関係が維持継続されている場合があれば、逆に社会に出る機会が薄れた事により孤立的生活を余儀なくされている両極端な場合がある。居住についても、一戸建て住宅や借家居住者、アパートなど集合住宅など居住タイプも多様化している。また、経済的にも貧富の差は大きく、身体状態や精神状況についても若い時期と変わらない健康度を維持して完全自立をしている人から、継続的な介護を必要とする人まで様々であり、これは個人間だけではなく地域間でも格差としてあらわれている。このように、施設サービスを受けている高齢者に比べて在宅高齢者の生活構造は千差万別であり、そのニーズもまさに多様である。
    こういった在宅高齢者とその家族に提供される在宅福祉サービスの形態については、ホームヘルプサービスのように自宅で提供されるサービス、デイサービスセンターなどに通所して利用する通所型サービス、通所施設やその他の目的地までの外出や通院に付き添うなどのサービス、家族介護者の相談にのったり、介護技術指導や休養機会提供や健康管理などの高齢者を介護している人に対するサービスがある。
    2000年4月

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について」
    介護保険制度とは、利用者の選択により、保険・医療・福祉にわたる介護サービスを総合的に利用できる仕組みを創設したものであり、そのために、日本に初めて本格的な介護支援サービス(ケアマネジメント)の仕組みを制度的に位置付けたものであり、2000年の4月にスタートした介護保険制度は、5年後に見直しの制度が位置付けられた。そして2006年に見直しがされ、サービスの見直しや痴呆の名称変更などがおこなわれた。
    在宅福祉サービスとは、住みなれた地域社会や我が家での在宅生活を維持する為に、日常生活の援助を必要とする障害者や高齢者などに対して提供される、自治体の市町村が中心となり実施提供される各種の福祉サービスのことである。
    これまでの在宅三本柱とは、ホームヘルプサービス・ショートステイ・デイサービスを中心にして整備拡充が図られている。寝たきりの状態にある高齢者が、特別養護老人ホームや養護老人ホームなどを利用しなくても在宅で受ける事ができるサービスを活用し、家庭を基盤とした地域社会での生活継続ができるような様々な条件を整備していくものだ。この3つの基本サー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。