社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,243
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。」
    一般的に、ソーシャルワークの諸援助技術とはソーシャルワーク、つまり社会福祉援助技術そのものを指している場合が多い。ソーシャルワークの諸援助技術は、大きくは直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術の3つに分けることができる。
    直接援助技術は、個別援助技術、集団援助技術から成り立ち、間接援助技術は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会福祉計画法、社会活動法から成り立っている。
    直接援助技術
     個別援助技術とは、利用者側、つまりクライエントがケースワーカーの存在する様々な機関の中から選び、そこを尋ねたり、訪問を受けたりなどをして個別に援助を受ける場合とされている。そして、集団援助技術とは、クライエントが様様なグループのプログラム活動などに参加をしていくことで、メンバー間の相互作用の影響を受け、個人の考え方等が成長や発達といった変化をする援助過程とされている。
    個別援助技術の過程とは、ケースワーカーとクライエントとの対人関係を軸にして、インテーク→調査→アセスメント→介入といった段階をおいながら展開されている。
    インテークは、クライエントの問題や主訴の把握、相談内容の確認や課題の把握、スクリーニングと支援関係の構築などを行う。インテークの結果、福祉機関として、クライエントが抱えている問題を取り上げることが決定すると、調査の段階に進む。調査とは、クライエントと、その周りを取り巻く社会環境について必要な事実を収拾する段階で、事実の収拾においては、クライエントの心理的変化に沿って、クライエント自身から情報を収拾していくのが原則であり、家族等の他から収拾する場合でもクライエントの了解を得て行わなければならない。アセスメントは、調査によって収拾された事実を整理・分析をして、援助の見通しがたてられるように解釈をしていく過程の事をいう。そこでは、ケースワーカーの実力が問われるような段階であり、ケースワーカーは独りよがりにならず、熟練したケースワーカーであるスーパーバイザー等からの援助指導を受けて、より正確なアセスメントへ近づけていく努力を続けなければならない段階と言える。そして、クライエント本人および家族の具体的なニーズを明らかにするために、クライエント本人の希望と、現在使用している社会資源、ケアの必要度に関する専門職の評価、クライエントを取り巻く環境要因などを多角的視点から行われなければいけない。介入とは、今日の積極的な社会福祉実践活動といえるが、個別援助過程での援助計画に基づく実施段階を指している。援助目標を達成することに注目された個別援助技術の中心となる重要な過程となる。クライエントの抱えている問題に注目し、どんな部分に着目し、どのような援助を提供するのかにもよるが、面接を中心とした方法によりクライエントに直接働きかけていき、その適応能力を高めていき問題解決への動機付け、自助能力の育成を直接的に援助する。ほかにも、社会資源開発や活動を通したサービス提供、社会環境調整や改善による間接的な援助もある。
    集団援助技術の展開過程として、まず準備期があり、クライエントの問題や課題と援助内容を明確にする。ワーカーはクライエントの生活状況や感情、感心や心配事を理解し、援助活動過程で起こりうる出来事を予測しなければならい。次の開始期は、クライエント個人を集団に馴染ませる時期といえる。集団の目的や援助活動の日時や回数、期間の予定、費用、プログラム活動内容、利用者同士の役割分担や約束事などを確認し、提供する援助活動が

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。」
    一般的に、ソーシャルワークの諸援助技術とはソーシャルワーク、つまり社会福祉援助技術そのものを指している場合が多い。ソーシャルワークの諸援助技術は、大きくは直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術の3つに分けることができる。
    直接援助技術は、個別援助技術、集団援助技術から成り立ち、間接援助技術は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会福祉計画法、社会活動法から成り立っている。
    直接援助技術
     個別援助技術とは、利用者側、つまりクライエントがケースワーカーの存在する様々な機関の中から選び、そこを尋ねたり、訪問を受けたりなどをして個別に援助を受ける場合とされている。そして、集団援助技術とは、クライエントが様様なグループのプログラム活動などに参加をしていくことで、メンバー間の相互作用の影響を受け、個人の考え方等が成長や発達といった変化をする援助過程とされている。
    個別援助技術の過程とは、ケースワーカーとクライエントとの対人関係を軸にして、インテーク→調査→アセスメント→介入といった段階をおいながら展開されている。
    インテークは、ク..

    コメント1件

    yoshinori 購入
    ありがとうございました。
    2007/09/24 1:18 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。