ウォールデン森の生活

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,417
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ウォールデン 森の生活」を読んで
     私は以前にある友人からこの作品を読んだ感想を聞かされていたことがある。その友人に私が今回この作品を読むつもりだということを話すと、友人は「君の人生にひとつ、新しい発見や考え方が生まれるよ。ぜひ読んでほしい。」と勧められた。だから、私は大きな期待を持って1ページ目を開いた。
     まず、目次を見て、面白いと感じた。第一章の『経済』から始まり、第四章の『音』、第十三章の『新築祝い』、そして最終章第十八章の『結論』。これらのタイトルだけで、私の想像はかなり掻き立てられた。大体の内容は予想がつ、くものの、どんな書き方でそれらが語られているのか、興味をそそられた。第十八章の『結論』に至っては、1つに納まるのか、それとも、筆者ソローの人生に対する、漠然とした思いにとどまるのか。目次のタイトルだけでこんなにも多くを期待させ、考えさせる本があっただろうか。
     本編では、まず私の理想とする生活とソローが人間の行き着くべきとする生活のあり方は真逆に等しいほどかけ離れていることを知らされるところから入った。
     ただ一つ私とソローの考えの一致した点があるとすれば、慈善活動につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。