「ケアマネジャーの役割と技法について、我が国の介護保険制度における役割を踏まえて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,459
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ケアマネジャーの役割と技法について、我が国の介護保険制度における役割を踏まえて述べよ。」
    【介護保険制度におけるケアマネジメント】
     ケアマネジメント(care management)は、一般には「ケアを必要とする人が、常にそのニーズに合致した適切なサービスが受けられるように支援する一連の活動」と定義することができる。
     高齢者介護をめぐる問題状況は複雑化し、従来の制度による対応の困難さから、高齢者のニーズが実際のサービス利用に適切に結びついていない現状があった。このことから、高齢者が利用しやすく適切なサービスが円滑に、容易に手に入れられる利用者本位の仕組みが必要となった。そのため、高齢者ケアの専門家が高齢者の抱えている問題を的確に把握し、必要なケアを明確にしたうえで実際のサービス利用に結びつけていくように支援するケアマネジメントが取り入れられた。
     また高齢者には、保健・医療・福祉にわたる総合的なサービスが必要である。しかし、サービスの提供機関、担当者、メニュー等が多様であることから、各サービスの連携が十分でない場合がある。ケアマネジメントは、高齢者のニーズを踏まえ、必要なサービ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。