精神科リハビリテーションの構成について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数490
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神科リハビリテーションの構成について述べよ」
    はじめに
     現在の日本社会には、様々な社会問題やそれぞれの生活環境により、精神的ストレスを受けやすくなった。それにより、精神に障害をもつ人が以前より多く現れるようになり、そういった人々の精神的なリハビリテーションという視点は、欠かせないものになっている。以下に、精神化リハビリテーションの構成について述べていく。
    精神科リハビリテーションの対象
    精神化リハビリテーションの利用者は、精神障害者である。精神障害者とは、精神保健福祉法第5条の「統合失調症、精神作用物質による急性中毒またはその依存症、知的障害、精神病質そのたの精神疾患を有する者」と医学的視点からみて診断された者や「障害者とは、身体障害、知的障害。精神障害のあるため、継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」(障害者基本法)と福祉的視点からみた者である。
    精神障害者には、疾病と障害の併存がみられるところに特徴があり、単に精神疾病を持つ病者というだけでなく、その病状の影響で社会生活上の困難、不自由、不利益を有する。我が国における実態としての精神科リハビリテーション..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。