地域福祉計画の必要性とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数650
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    地域福祉計画必要性

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉計画の必要性について述べよ」
    はじめに
    地域福祉とは、その地域に住む住民のニーズを行政や民間団体が反映させることでノーマライゼーションな社会を目指していくための方法と捉えることができる。しかしながら、ノーマライゼーションを目指していくためには、計画を立てていかなければ、効率性や有効性が見込めない。よって、地域福祉を推進していくには、地域の福祉を計画することで実現していくのである。
    1 地域福祉計画とは
    地域福祉計画とは、2000(平成12年)に社会福祉事業法が社会福祉法へと改正されたことで、社会福祉法に新たに規定された事項である。その内容として、地域住民のニーズを取り入れた福祉計画を立てる市町村地域福祉計画及び、これをバックアップする役割がある都道府県地域福祉支援計画から構成されている。  また、地域住民の意見を十分に反映させながら策定する計画であり、今後の地域福祉を総合的に推進する上で大きな柱になるものである。
    2 地域福祉の必要性
    現在、わが国は、急速に少子高齢社会が到来し、かつての伝統的な家庭や地域の相互扶助機能は弱体化し、地域住民相互の社会的なつながりも希薄化するなど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。