成年後見制度について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数581
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    成年後見制度民法法学

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「成年後見制度について」
    1 成年後見制度とは
     成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などによって物事を判断する能力が十分でない人について、本人の権利を守る援助者(成年後見人等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度である。
    たとえば、一人暮らしの老人が悪質な訪問販売員に騙されて高額な商品を買わされてしまうなどといった場合に成年後見制度を上手に利用することによって被害を防ぐことができる場合がある。  また、成年後見制度は精神上の障害により判断能力が十分でない方の保護を図りつつ自己決定権の尊重、残存能力の活用、ノーマライゼーションの理念をその趣旨としている。よって、仮に成年後見人が選任されてもスーパーでお肉やお魚を買ったり、お店で洋服や靴を買ったりするような日常生活に必要は範囲の行為は本人が自由にすることができる。
    (1)成年後見制度の利用方法
     成年後見制度の手続きの一般的流れとして、まず手続き相談(地域包括支援センター、日本司法支援センターなどで行われる)を行い、後見開始の手続きの流れや、申し立てに必要な書類等について説明を受ける。
    次に、制度利用を希望する本人の住居地を管..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。