精神療法及び環境・社会療法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数406
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ。」
    はじめに
     精神障害者の治療を進めていく方法として、精神医学における治療法は、身体療法、精神療法、及び環境・社会療法の3つに大別される。このうち身体療法は、薬物療法や電気けいれん療法などといった医師のみ治療することができる身体医学的手法によるものであり、精神療法及び環境・社会療法は、医師以外にも行う事のできる人文科学的手法によるものである。以下に精神療法及び環境・社会療法について述べていく。
    1 精神療法について
     精神療法とは、専門的訓練を受けたものによる職業的心理的治療法である。この療法の目的は①症状による苦痛、その他のハンディキャップさらには行動の障害パターンに介入してその解消、軽減、修正をはかること、②家庭や社会など生活する場の適応の改善、③人格の成熟、精神内界の不安や罪意識を解消するための自己洞察など大きく分けて4つである。
    また、精神療法の留意点として、①精神療法を受ける人は精神症状、生活障害、社会的不利益をもっているために治療が必要である。②本人との職業的関係が一定に約束される必要がある。つまり、次々と転院させられたり、横柄..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。